「BONES」時節1 第14話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」旬1の第14演説を見ました。

こういう回はめずらしくブースは抜きで、ブレナンとザックの2人でトラブル現地に向かう現実からの表紙でした。

先々、トラブルではなく事案性がある骨が発見されたことから、ブレナンはブースをラボに呼び出します。

この時ブースが「本当は自分に会いたかったんだろ?」ってブレナンに言ったのには幾らか驚いてしまいました。

ブースが小気味よい曲調でそういった言葉を言うのも意外でしたが、いつの間にやら両方は相当仲良くなっていたんですね。

ブースの笑顔があんまりステキなので、にっこりが立ち寄りませんでした。

他にも、運転中のブースのほっぺたをブレナンがつねって2人で微笑み見合う現実など、少しずつ寸法が縮んでいるのがうかがえて嬉しくなる。

そうして、初登場した迷子奴尋ね人のプロであるジェシーですが、ブレナンにずいぶん惹かれている様子だったので、どうしてなることやらといったビクビクしました。

お互いに父兄が失踪しておる奴それぞれから、伝わり合える所も多かったのではと思います。

最終的に、親の失踪についての調査ファイルはブースに託すことにしたブレナン。

あとあとなんらかの膨張が見られることを目論見望むだ。脱毛サロン 安い

Filed under: 日記 — wp_sv_537_5927 12:10 PM